睡眠不足で太れない理由

睡眠不足で太れない理由

スポンサードリンク

睡眠不足で太れない理由とは、成長ホルモンの分泌が悪いからです。

 

理想としては、22時から2時までに熟睡状態でいることです。

 

もともと人間の体で睡眠不足そのものは良いことではありません。

 

太れないのも困ることですが、反対に痩せられない人も多いです。

 

これは、睡眠不足で起きている時間が長いと食べ物を食べたくなってしまうことが原因です。

 

夜中に冷蔵庫を開ける習慣がある何ていう人もいます。

 

このような人は、睡眠不足で痩せられないと真剣に悩んでしまうのです。

 

要するに、睡眠不足が続くと精神的な安定ができなくて、太れないのも痩せられないのも困ったことです。

 

成長ホルモンの分泌が悪く体を作れないのと、胃腸の働きが悪くなるのも理由として挙げられます。

 

どうしても睡眠不足になってしまう、それが慢性的の場合は、病院で相談することをオススメします。

 

原因が何であれ、きちんと寝ないことには、体調不良、病気になったり、不眠症になってしまうこともあります。

 

睡眠不足でどうしても太れない人は、何歳になってもその年に合う体重はなくてはならないことです。

 

医師によっては睡眠導入薬などの処方により、安心して睡眠できる環境で、食欲が回復する場合も考えられます。

睡眠不足で太れない理由関連ページ

ストレスで太れない
まずは食欲が出るような努力として、体を動かす習慣をしっかりつけていきましょう。
胃下垂で太れない
胃炎、潰瘍を起こす危険性の高い状態で、日本人女性の3分の1がこの症状ですが、自覚症状はありません。