コーヒーで太る

コーヒーで太る

スポンサードリンク

コーヒーそのものは太る要素がないとされています。

 

太るのは、砂糖やミルクを入れた場合で、ブラックコーヒーはかえって、ダイエットに良いとまで言われています。

 

というのは、大きな嘘で、コーヒーも多く飲む人は、太る原因を作っているとされています。

 

コーヒーそのものはカロリーもなく良いのですが、豊富なカフェインが含まれています。

 

これが、体内で利尿作用を起こして、同時に体を冷やします。

 

その時に、体内の代謝の機能が大幅に落ちることにより、太る事になります。

 

1日4〜5杯ならよいのですが、10杯以上飲む方、いくら砂糖やミルクを使用していないとしても、体的には良くないとされています。

 

利尿作用で、トイレの回数も多いですが、そのときに排便も常に出るというのではあれば、ダイエットの効果が期待されます。

 

しかし、たいていは利尿だけで、そのときに体内に必要な水分や熱を奪っていくとされています。

 

ダイエットをしている方には、1日適量のコーヒーは良いとされていますが、適量を過ぎると太る原因になってしまうとお考えください。

 

結構意外なことだと思う方も多いですが、コーヒーも飲み過ぎはいけないということでしょう。

 

10杯以上飲んでしまう方は、特に注意をしてみてください。

コーヒーで太る関連ページ

ビールで太る
ビールは、それを水のように飲む方にとっては、カロリーをせっせと摂取していることに。
日本酒で太る
すきっ腹の日本酒は太らないかもしれませんが、肝臓などに悪影響があります。
コーラで太る
コーラを毎日飲み続けると、太ることができます。
炭酸水で太る
ココアで太る
一日1杯程度のココアですと、太ることはないかもしれませんが、砂糖などの入れ具合ということになります。
ジュースで太る
毎日ジュースを飲む生活をしていると、太ることと糖尿病にかかるとされています。