マーガリンで太る

マーガリンで太る

スポンサードリンク

マーガリンを毎日食べると太ると言われています。

 

ところで、マーガリンの原材料は、植物油とたくさんの化学物質です。
添加物のオンパレードです。

 

これはマーガリンにトランス脂肪酸という、自然にはない脂肪を使用しています。

 

脂肪が含有されていますから、当然毎日食べていることで、太る原因になります。

 

日本では具体的な規制はありませんが、欧米では、使用禁止されているものとされています。

 

太ると言うよりは、体にはあまりよろしいものを使用していない事を認識することが必要です。

 

バターと比較をすると、コレステロールも少なく、健康的なようですが、化学物質とトランス脂肪酸の存在は、体内に多くないほうが良いものです。

 

味的には、パンとの相性もよく、バターより低カロリーと思うところですが、カロリー的にはバターと同じです。

 

マーガリンに関しては、食品添加物があるという点で、体内に入ることで、肝臓などに負担をかけることになります。

 

食べ過ぎは当然太る原因になってしまうことになります。
ということは、あくまでも薄く少なく食べることが大切です。

 

ショートニングという言葉を使用されることもありますが、これはお菓子などに入っていて、やはり食べ過ぎることで、太る原因になります。

スポンサードリンク