米で太る|食べ物で太る

米で太る|食べ物で太る

スポンサードリンク

米をたくさん食べると太るというのは本当の話です。 米の栄養素は、炭水化物ですから、エネルギーの元になります。 ということは、食べた分だけ動かなければ、贅肉になってしまいます。 炭水化物というと、以前ダイエットの種類で、炭水化物抜きの方法が紹介されていました。 確かに、あまり体を動かさない方にとっては、あまり炭水化物をとらないでいると、痩せることができます。 ただし、これはとても危険なこととされています。 必要以上の炭水化物を取らないことは大切ですが、毎日の暮らしの中で、炭水化物のエネルギーがほしいのは、脳です。 朝に炭水化物を摂らないと、頭がぼーっとすることがあり、脳の働きも鈍くなり米の吸収は比較的ゆっくり行なわれるため、かえって健康的だともいわれています。 米が太るというのは、食べ過ぎの場合のみで、普通に食べている分には、太ることはあまり心配しないようにしてください。 血糖値の上昇も抑えるなど、米の働きはとても良いとされています。 毎日適量のお米は健康的といえますから、食べ過ぎないことを気をつけることで、太ることはないと思ってよいでしょう。 これは一日3回食べたとしても、影響はないとされています。

お米の食べ過ぎは太る

当然のことですが、毎日お米をたくさん食べると太ります。

 

これは、お米に限ったことではありません。

 

一回でお茶碗1杯程度が理想であり、2杯3杯と食べると太ります。

 

丸呑みで太る

ご飯を噛まない方もいますが、これも太る原因です。

 

何度もそうですが、咀嚼をしないことは脳の満腹中枢が働かないことによって、いつまでも満足しないで食べ過ぎてしまいます。

 

特にご飯は、食事の時に食べる機会が多いものですから、噛む習慣をつけましょう。

 

お米は噛み続けると甘みが増します。

 

そこまでいくのが理想で、感でいるうちに脳が満足して食べる量を減少させます。

米で太る|食べ物で太る関連ページ

肉で太る
肉の主な栄養はタンパク質ですが、これは体内に入ると、体を作るために大切なモノです。
インスタント食品で太る
揚げ物で太る
お菓子で太る
パスタで太る
ラーメンで太る
マーガリンで太る
マヨネーズで太る